NEWS  2017/8 夏季休業のお知らせ

TOPへ
FAシステム

FAシステム

未来に向けて
自動化を推進

医療システム

医療システム

安心して使い続けることが
できる医療情報システム

業務システム

業務システム

企業の省力化・
効率化の提案



FAシステム
工業生産企業向けの専用システムのパイオニアとして工場のIT化、自動化生産をサポート


汎用CADシステム【D-CADBASE】

各種CAD/CAMシステムのベースとなる、汎用CADシステムとして
優れた操作性を持った低価格の原寸用汎用CADシステムです。
手書き感覚の作図機能や原寸プロッタ出力・修正が簡単な寸法編集機能、
図形に情報を付加できる部品属性機能など、優れた機能を装備しています。
詳しくは

JIP-CL橋梁部材自動変換システム
【CLオートチェンジャー】

DXFデータから、JIP-CLデータを自動的に作成。
橋梁の原寸作業におけるデータ変換作業を大幅に減少できます!
部品名称・板厚・材質・部材重量・矩形重量が出力可能です。
詳しくは

製缶・板金展開専用システム【展開CAD】

数種類の製缶展開パターンを標準装備!
基本寸法の入力だけで簡単に展開図の作成をおこなうことができます。
作成された展開図は、DXFデータに登録して他社CADシステムでの利用が可能です。
詳しくは



医療システム
安心して使い続けることができる医療情報システムと、地域で取り組むチーム医療を追求します


勤務表作成システム【ホリデーナースEZ】

毎月手間のかかっていた看護師の勤務スケジュールを 簡単な操作でスムーズに
作成することにより管理業務の省力化を図りました。
各種勤務条件を設定することでグラフィカルにチェック確認することができ、
簡単でわかりやすいシステムです。
詳しくは


業務システム
企業の省力化、効率化の提案をいたします

業務支援システム【管理バンク】

複数のファイルで管理しているデータの進捗が一目瞭然!

『あらゆる情報の管理』をメインとし顧客と各種管理ファイルを一元管理します。
管理したい文書や表計算ソフト内のデータより必要情報を取得し、一括一覧表示 や、イメージデータなどを連携してデータベース管理することが可能です。

導入事例
≪産廃業種向け見積書管理≫
 工事毎に作成される膨大な量の見積書(EXCEL帳票)を一元的に管理し、各見積作業の進行状況を確認。

管理バンクイメージ


会社案内
真のIT化貢献をめざして、常に質の高い専門システムをご提供します

| 会社概要  | 代表挨拶  | アドウィンISMS概要  | ISMS基本方針  | プライバシーポリシー |

会社概要
  社名 アドウィン株式会社
  所在地 長崎県佐世保市広田4丁目5番5号
TEL 0956ー39ー1742 FAX 0956ー38ー6356  
地図をみる
  事業内容 1. 情報管理システム、CAD/CAMシステム、医療・介護システムなど
2. データ保管管理
3. システムづくりのコンサルタントから納品サポート
  設立 1996年6月
  資本金 1508.2万円(2010年4月現在)
  代表者 代表取締役 大神 吉史
  企業理念 信頼、貢献、感謝
  経営方針 1.会社の活動で利益を上げ、会社を存続し、社員の幸せを向上させる
2.社会のニーズをつかみ、お客様と共に社会へ貢献をする
3.会社にある情報や技術を更に工夫し、お客様に提供する
  関連会社 大新技研株式会社
  取引銀行 親和銀行 十八銀行 商工中金
会社案内TOPへ
代表挨拶
代表あいさつ
社長

皆様には、日頃よりご愛顧いただき心より厚く御礼申し上げます。

現代社会においてあらゆる事柄は周囲の環境に左右されつつ、
日々進歩し続けている状況です。
また、今まで人々が経験を積んできた事が蓄積され事業として
現代社会は発展しています。

そこで、アドウィンでは大新技研株式会社と協力体制のもと、
過去における経験や知識、知能、知恵をお客様と共用し、
社会(お客様)が求められてる品質が提供できるように
『企業にマッチングしたシステム提案』を目標とします。

そして、会社にある状況連携(リサイクル)を駆使して
《安全、安心、確実、時短》でネットワーク構築など
『お客様の為の環境(システム)』をご提案できるように
全力を注ぎます。

アドウィン株式会社
代表取締役社長 大神 吉史

会社案内TOPへ
アドウィンISMS概要
取得目的
当社はあらゆるお客様の情報(ノウハウ)を共有し、サポートならびに保守(サービス)を行っております。
よって、お客様の基本情報を国際規格に則り、より安全なシステムのサポートならびに保守サービス運用を行う為に取得いたしました。

運用について
認定期間を通じて、情報の保全・保守に務めるべく情報資産の機密性・完全性・可用性など、常に現代運用にマッチングした維持、管理を行います。

今後について
現在の手法、運用、保全機器に満足する事なく、常にお客様より安心してご利用頂ける様な環境作りで、さらに拡張化を目指します。
会社案内TOPへ







お問い合せ

※クリックすると、大新技研HPお問合せ画面へ移動します。
お問い合せ 資料請求 無料体験版ダウンロード